new

CALENDAR

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

<< 7月14日(SUN) 令和ウエスタンカーニバル vol.66 at 下北沢BASEMENT BAR !! | main | 本日の放出品 USED "RARE" JAPANESE PUNK / HARDCORE T-SHIRTS !! >>

新入荷 THE ROXY - GENERATION X (CD) !! FUKUOKA PUNK AND PUNKET STORY...

リリース前から話題を振りまいている福岡ニューエイジパンクダムネーションTHE ROXY

 

 

デビューアルバム GENERATION X (CD) を九州パンクコントロールリーグ

 

 

KINGS WORLD RECORDS よりリリース!!!!!!

 

 

 

THE ROXY - GENERATION X (CD) ¥2300 + tax

 

 

 

まずは強烈なスリーブに期待が膨らむ。

 

 

九州パンクファンならお馴染みFerix君の首チョンパを大胆に起用、そこにキングスワールドスタイルが絡みつくデザイン。

 

 

愛や血統を存分に感じられるが、ヤングパンクなメンバーの本音が見え隠れする奇特なデザインに打ちのめされてしまった。

 

 

謎のオープニングからなだれ込む(であろう) 直前の序章的ソングはサウンド、スピード、センスともに抜群で鳥肌が立つ。

 

 

(予想は当たり) そこから強烈なノイズの応酬とダメージングボイスが混沌する狂走曲のオンパレードがスタートするのだ!!

 

 

チューンレスなベースが作り上げる音の空間

 

音塊を突き破るノスタルジックなノイズギター

 

衝動の揺さぶりで感覚とリズムが狂いだすドラム

 

ハイテンションと気だるさを兼ね備えたヴォーカル

 

 

これは演奏技術を含め、確実に確信犯ではないと断言できる操作無用のカオテックノイズパンクサウンドの完成となった。

 

 

ただいま2019年、ここ福岡という聖地でなければこのような旧スタイルのノイズコアバンドの登場はあり得なかったはず。

 

 

 

 

僕らが大好きで心底望むノイズコアとはそう簡単にパフォーマンス出来る物ではないと考えます。 先駆者同様、

 

 

若さ故に対峙するパンクへの欲求と衝動がバイオレントスタイルを生みだし強烈な作品を誕生させてしまったように...

 

 

今後悪名高き某レーベルの金稼ぎバンドとなるのか? それとも全国区で成功するようなファッキンバンドになるのか??

 

 

先輩や年寄りのことなんか一切気にしないでやりたいように活動し、いつの日かいい意味で僕らを裏切っていただきたい。

 

 

そんなセンセーショナルなデビューを果たしたヤングな彼らの今後の動向に注目するしかありません!

 

 

最後に東京ハードコアパンクTHE TITSと、このTHE ROXYを比べるレビューがあるとすれば それはベリーナンセンス。

 

 

 

 

 

 

商品のご注文、お問い合わせは info@shimokita-killers.com までどうぞ。

 

 

 

 

 

絶賛販売中!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<<<< 雑記 >>>>

 

パンクの世界もSNSが幅を利かす微妙で絶妙な時代の到来

 

何がパンクでどれがパンク!?

 

極一部からパンクの大切な伝統や必需品が淘汰、反肯定されるとともにパンクの持つ本質までも崩れかけている状況

 

とにかくパンクを楽しまなければパンクを好きな意味が無いと思っている単細胞な自分は置いてけぼりに (時代遅れ。。。)

 

反戦、反核、反差別などハードコアパンクが産声を上げた瞬間からスローガンとなっているこの原則は周知の通りですが、

 

これらは決して忘れてはいけないんだ!と言う必要が皆無なアブソリュートでスタンダードでインポータントな単語です!

 

しかしながら大袈裟、過敏、強要、否定などにより右も左も上も下も大して変わりがないこの現状に寂しさを感じます

 

 

その昔、英国ノイズコア筆頭 CHAOS U.K. は言いました

 

"シリアスだけが能じゃない!パンク・スピリットはGOOD FUNだ!!"

 

 

個人的にとても影響を受けた言葉ですが今の時代、この言葉を支持し体現するには少々窮屈な環境なのかもしれません

 

若い時、アルバイトをしながら生活の中心をナチュラルにパンクで生きていたあの頃を思いだしました (この話も無駄。。。)

 

ここ東京はパンクミュージック/パンクファッション/パンクギグ/パンクエキサイティング etc

 

毎日何処かでダイレクトにパンクをエンジョイ出来て、パンクと密接に関われる素晴らしい空間と環境があります

 

若いパンクス達の未来が明るければ、(自分も含む) OLD MANも安心して余生を楽しめると思うのですが... これいかに?

 

作品制作やイベント開催、海外バンド召集など個人からバンド、オーガナイザーまで活動の場も広がりパンクtheワールド

 

発展に一歩一歩大きく貢献している多くの方々が存在していることもこれまた事実であり今後の活躍を期待しております!

 

さて、あなたのパンクの楽しみ方とは!?

 

 

自由と平和

 

 

下北沢KILLERS / INOUE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

EARLY 90'S 下北沢結成にして早すぎたカルトハードコアパンクバンド   このセンス!!

 

- | permalink | - | -