new

CALENDAR

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

<< 新入荷 HAT TRICKERS オフィシャルマーチャンダイズ各種 !! Tシャツ 缶バッジ 布パッチ etc | main | USEDバッグ、ポーチ、リュックサック等入荷致しました!!!!!! >>

本日の新入荷 THE GEROGERIGEGEGE SENZURI CHAMPION - 改訂版 - CD !! ゲロゲリゲゲゲ

いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます!

 

 

昨日は定休日のためお休みをいただいてしまいすみませんでした。

 

 

 

 

さて本日の新入荷商品はこちら!

 

 

 

THE GEROGERIGEGEGE - SENZURI CHAMPION  - 改訂版 - (CD) 初回盤 ¥2500 + tax

 

 

 

 

 

THE GEROGERIGEGEGE  ゲロゲリゲゲゲ

 

 

このブログをご覧いただいている方なら1度は耳にしたことのあるアーティスト名だと思います!

 

 

今回アルバムをリリースするにあたり、創設者であり中心人物のオリジナルメンバー

 

 

山ノ内純太郎さん(1985年始動。結成時は高校在学中)からこの作品のレビューご依頼をいただきました!

 

 

 

 

世界レベルとして認められているアーティストですので、本当に迷いましたが引き受けさせていただくことになりました。

 

 

20年以上前に山ノ内さんと文通をしていたこともあり、僕もあの頃にちょこっとタイムスリップして昔を思い出してみました。

 

 

もう思い入れが強すぎるため恥ずかしながらレビューというよりはいささか作文のような長文になってしまうという失態...

 

 

お時間がありましたらコーヒーでも飲みながらゆっくりと閲覧くださいませ。

 

 

 

 

しかし!生粋のノイズマニアの方々は勿論、パンク/ハードコアファンの方々にとてつもないパンクアプローチを

 

 

かましている半端ないすばらしいハードコアパンク作品となっておりますので皆様ぜひともチェックしてみて下さい!!

 

 

1987年に製作されたオリジナルアルバムを長期に渡り破壊し構築を繰り返す信念、2018年に完結された奇跡の改訂版です!

 

 

ゲロゲリゲゲゲに対する思い込みが360℃回転してしまう強力な作品のリリースとなります!!

 

 

ぜひあなたの愛聴盤に ♥

 

 

 

 

 

 

 

++++ THE GEROGERIGEGEGE SENZURI CHAMPION - 改訂版 - レビュー ++++

 

1985年結成。

神出鬼没に繰り広げられるピュアな狂人パフォーマンスを武器に、いつの時代も台頭する無作法なミュージックシーンと

世相ない世の中に対する怒りやアンチテーゼが彼らの母体。

脳奥まで浸透する狂態でロマンティックな暴虐サウンドと地下活動でのマッドネス&セクシャルなライブパフォーマンスが

至るところで噂となり彼らを全国いや世界へと誘う道が作られる。

当時国内では数々のメディアや雑誌で取り上げられ時代の顔となった。

さらに海外からは数え切れないほどのオファーと強力な慈愛を受けノイズアーティストとしての地位も築き上げる。

ご紹介が遅れてしまいましたがその人物とは、現在も自主製作活動やハードコアパンクバンド漁りに余念のない

奇才 山ノ内純太郎さん。

その山ノ内さんが現在も精力的に活動しているノイズワークこそが世界のマニアを虜にしている

THE GEROGERIGEGEGE / ゲロゲリゲゲゲである。

国内パンク/ハードコアパンク創世記を体験し育ち、その青春の全てを捧げた山ノ内さんはあの時代のヒリヒリとした

感覚とセンスを自身のオリジナルノイズにぶち込み表現する。

伝統的な前衛的部分や社会思想にハードコアパンクや初期パンクの衝動と愛を注入するというある意味ノイズ界では

タブーなスタイルを選択した異端者でもある。

 

そんなある日、山ノ内さんから連絡がくる。

今作センズリチャンピオン -改訂版- というタイトルをリリースするとの情報をいただく。

奇々怪々なタイトルのセンズリチャンピオンとは1987年に自身の自主レーベルVis A Ais Audio Artsからリリースされた

ゲロゲリ史上初となるアナログ盤だ。

そんな作品が遂に再発されるとは感慨深いものがある。

なぜなら実は昔、私が若かりし(1993年/19歳)頃に山ノ内さんと文通をしていたという衝撃の事実があるからだ!

文通といっても目的はメールオーダー 笑

当時ハードコアパンクは勿論、ノイズ/アバンギャルド/ハウス/インダストリアルにどハマりしていた時期...

なんともありがたい事に手紙交換や商品購入を含め、沢山のお話と衝撃を与えてくださいましたことを今も記憶しております。

その後、20年近く連絡を取っておりませんでしたがある日、私達の経営しているお店にご来店いただいたことで奇跡の再会!

現在もあの文通時代と変わらず気さくで知識豊富な狂人さんです。

 

さて本題となるこの作品、実は純粋な再発盤ではありません。

フロントスリーブ上部に”REVISED 2018”の記載があります。

(ちなみにこのフォント、英国やスウェーデンのクラストコアバンドを想像しませんか!?)

そうなんです今作品はオリジナル音源に手を加え新たに作品を作り直すという前代未聞のハードコアアルバム!

なぜなら当時SENZURI CHAMPIONをリリースした山ノ内さんは世界的に名盤と名高いオリジナル作品を

気に入っていなかったという衝撃の事実をカミングアウト。

長きに渡り構想のあったこの作品製作が2018年遂に完成形となった。

 

1曲目から吐き気を催すあの声が頭から離れない悪夢のリポートにて恐怖の幕が上がる!

休むまもなく強烈でウルトラハードコアパンクなハーシュノイズに心奪われるパーフェクトソングな

2曲目VIOLENCE ONANIE。

吐息と手淫の絶妙なハーモニーにより悪夢は続く3曲目。

3部構成となる4曲目は1987年に録音されたSEでスタートしゲロゲリファン悶絶パンクソング

ANAL BEETHOVENへとバトンタッチ。

ハードコアパンクを熟知している山ノ内さんだからこそ表現可能となった異例のノイズパンクロックが最高すぎて

異空間へトリップ可能。

後にリリースされる大名盤TOKYO ANAL DYNAMITE彷彿の絶妙なハードパンクスタイルは健在で

当時親交のあったジャパニーズハードコアパンクLSD/AKIIさん公認のLSDカバーソングによりこのトラックは幕を閉じる。

5曲目はトラウマになる恐怖を抱え聴く覚悟があるのか?と自問自答してしまうであろうゲロゲリお家芸的自己快感ショックス。

ラストを飾る6曲目はドラマティックな展開ながらも奥底から聞こえてくる

憎悪と欲求が壮大なノイズを作りだしアルバムを締めくくる。

何度も聴いていただくとこの曲にはズタボロのクラスト感やステンチ度を意識して再構築された音源と

気づく方もいらっしゃるはず。

2016年頃からいじり倒していたと公言する山ノ内さんのハードコアパンク/クラストに対する愛情は半端ないほど素敵なのだ。

ちなみにセンズリチャンピオン初レコーディングは1985年スタジオ一発録りのようで、当時山ノ内さんはなんと高校生であった。

さて曲が終わりこれで現実世界へ戻れると思ったその瞬間、悪夢は4度訪れる...

もう心も体も朽ち果てた。

 

ゲロゲリゲゲゲには数々の逸話と噂がある。

それははっきり言うと99%は事実なのだが、全てを掲載するとなると電話帳のような分厚い本になってしまうだろう。

ここで書きたいことは山ほどあるが、いつの日か山ノ内さん本人から語っていただく機会を設けることが僕の夢なのだ。

そんな愛おしい日が来るまでこの音源を心から楽しんで待つことにします!

 

古くからのファンとマニアそして正統なノイズシャンは勿論、

安全ピンが頬に刺さっているようなパンクロックを大好物にしている輩から、

エクストリームなハードコアを主食として生きている輩までその名を知らぬ者は確実にいないと断言できる

THE GEROGERIGEGEGE / ゲロゲリゲゲゲ。

そんな”パンク/ハードコアファンを究極”に意識して製作されたこの素晴らしいアルバムを

ぜひこの機会に触れていただきたいと心から願います。

相変わらずいつの時代も世の中を席巻しているのは右に倣えなミレニアム世代犇くミュージックシーン。

そんな殺伐とした環境があるからこそ地下音楽の台頭が偶発的に発生するという必然ともいえるような

仕組みがあるのではないでしょうか?

今作SENZURI CHAMPION 改訂版、それは正にゲロゲリゲゲゲがあの時代の時と同じように

情薄なメインストリームに対する強烈な回答と記録である!

ゲロゲリゲゲゲが当時巧みに利用していた本媒体(ミニコミや週刊誌)やメディア(PVやライブ映像)を

妄想と噂と(COCK)AKTIONにより再び脚光を浴びる日も近いでしょう。

それはそれで寂しい気持ちもありますが、そもそもゲロゲリゲゲゲがこの音楽業界で話題になってしまうことがまったくの狂気!

 

現在2018年。

彼らの存在価値を破壊せず意識の高い場所でパフォーマンス出来る環境があるのなら

どんな場所でも活動してほしいし話題にしてほしいしと個人的な本音もあります。

世界で通用するアンダーグラウンドミュージックバンド&過激パフォーマンスアーティストは

僕らの身近に存在することをもっともっと知っていただきたい!

山ノ内さんのプロフェッショナルな音楽活動は今後も揺らぐことなく

常にトップの位置をキープし続け数々の足跡を残してくれるでしょう。

 

ゲロゲリファン、ゲロゲリマニア、ゲロゲリカルトの存在がある限り 永遠の平和 である!!

 

最後にゲロゲリゲゲゲ 名の由来は開放感

 

 

shimokitazawa KILLERS / inoue

 

 

 

 

 

商品のご注文、お問い合わせは info@shimokita-killers.com までどうぞ。

 

 

よろしくお願い致します!

 

- | permalink | - | -